なつくことはないけどしっかり慣れる!ヘビ飼育の魅力

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

簡単な種は本当に手間のかからない生き物であることから、ヘビは人気になっているペットです。

 

ですが、なつくかと質問されれば、「なつきはしないけどなれるよ」といった回答が返ってくるのがヘビです。

 

人に慣れる

 

なつくといわれて想像するのは、犬や猫のような生き物が飼い主にするそぶりですが、ヘビがそういったそぶりをしないのには理由があります。

 

ヘビを含む大体の爬虫類は卵を産んだらそのままで、産まれた時点から一人で生きていかなくてはなりません。

 

そのため、警戒心が強く簡単には弱みを見せません。

 

なつくということは弱みを見せても大丈夫な相手と信頼されることが必要ですが、そもそも本能的にそのようなことはできず、病気などの不調も隠します。

 

そのため、ほとんどの爬虫類は「観察用のペット」と割り切って飼育を始めるのが良いでしょう。

 

「ただ観察するだけか」と思うかもしれませんが、いろいろな習性や飼育のノウハウがあったりと飽きることはありません。

 

そのようなヘビですが、「人に慣らす」ことは可能です。

 

慣らすとは「こいつは危害を加えてこない」といったことをしっかりとヘビに覚えてもらうことです。

 

それができればしっかりと触って(ハンドリングして)スキンシップができる生き物です。

 

慣れた個体であれば手に巻き付けると人間の体温が気持ちいいのかするすると這っていき、舌を出しながら探索する姿が見れます。

 

入門種であるコーンスネークやボールパイソンはほとんどの個体がすぐに慣らすことができますが、難しい巣はとことん難しく、これは飼育の難易度にもつながっています。

 

上手く慣らせば強面でデカいヘビでも飼育することができますが、まずは入門種からが良いでしょう。

 

慣らすメリット

ヘビは慣らすことができることを上記で述べましたが、飼育をする上で成れているかどうかは大きな違いがあります。

 

「ヘビは観賞用」と割り切って、積極的に慣らさない人もいますが、慣らすメリットはスキンシップだけではありません。

 

飼育設備は生き物を飼っている以上必ず汚れますが、この掃除は飼育の重要要素です。

 

汚れた場所で飼育していれば、病気にもかかったりします。

 

この時に慣れた個体であれば、首にでもかけてスキンシップしながらケージの掃除をできますし、掃除のたびに噛まれるかもとびくびくする必要が無くなります。

 

飼育者側もその個体に慣れた状態ですね。

 

人がびくびくして触ろうとすると、必ずそれはヘビにも伝わります。

 

そのような状態では、ヘビも怖いので威嚇をしてきて最悪の場合はかみついてきます。

 

かみつきは人だけではなく、ヘビもけがをする恐れのある危険な状態ですのでお互いに避けたい状態です。

 

その点お互いに慣れていればそのような事故を防げます。

 

僕は飼育をするならばできる限り慣らすことに挑戦しながら飼育するのが一番だと思います。

 

しぐさ

お互いにある程度信頼が築けていれば、かわいいしぐさも見せてくれることもあります。

 

我が家のコーンスネークでは、おなかがすいたらケージをこじ開けようとして餌くれアピールをする子に育ちました。

 

また、触るときも抵抗も一切せずに捕まえたら行きたい方にするすると進んでいきます。

 

小さいころは威嚇をしてくるときもありましたが、今では餌をくれるやつとしっかり認識してくれているようで、非常に手間のかからない同居人になっています。

 

ヘビはなつくことはありませんが、たまに見せてくれるかわいいそぶりがたまらない生き物です。

 

まとめ

ヘビはなつきはしませんがとても良いペットになってくれる生き物です。

 

しっかり慣らすことができれば触ってスキンシップもとれる生き物です。

 

楽しみ方は人それぞれだと思いますが、なつく生き物だけが生き物飼育の魅力ではないと僕は思います。

この記事が役に立ったと感じたらぜひシェアしてください!

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。