カメの抱卵、産卵の兆候と適切なケア方法

水棲カメの産卵シーズンになってきました。

 

十分に成熟した♀であれば産卵の兆候が出始める時期です。

 

我が家でもクロコブチズガメの産卵に向けて調子を整えています。

 

抱卵の兆候 食欲

 

まずは抱卵です。

 

卵を体の中で作るのは非常にたくさんの栄養と体力が必要です。

 

初めに見える抱卵の兆候は食欲が非常に旺盛になって、たくさんの餌を食べるようになることです。

 

クーリング中では4カ月ほど食べなくても大丈夫だったのに、抱卵の時期になると餌を豪快な動きで求めてくるようになります。

 

また、食後もせわしなく動き回り、あまり一か所にとどまっているといったことが少なくなります。

 

たくさん食べて、たくさん出し、卵の生成に時間をかけています。

 

このような動き回る姿を見た場合は、抱卵を疑ってみることがよいです。

 

また、♀であれば♂とかかっていなくても産卵に適正な体が出来上がると毎年無精卵を産むことになります。

 

健康的に♀のカメを飼育するためには産卵への対応は必須ですので、産卵のタイミングを見極めて産めるようにしてやることが必要です。

 

産卵の兆候 食欲の低下

 

抱卵の確認

上記のようにたくさん食べて、暴れまわる♀を見れば大体の場合は卵を生成中であることがわかります。

 

また、後ろ足の付け根から指を入れて、卵を直接触診で確認することも可能ですが、1度産卵を経験してしまえば飼育者側がカメの行動でわかるようになります。

 

まだ産卵するかどうかわからないカメであれば、触診してみても良いかもしれません。

 

抱卵している場合はこりこり触感がありますし、なければ抱卵をしていません。

 

産卵の兆候

 

卵を生成でき、産卵の体制が整うと今度は途端に食欲が低下し、ほとんど食べなくなります。

 

それでも1日中暴れまわるように動いている場合は産卵の準備が整った合図です。

 

産卵に向けて産卵床を用意し、自然に産卵をしてくれるように促します。

 

産卵の兆候が出ていても放置をしていると、水中産卵をする場合があります。

 

水中産卵の場合は有精卵であっても発生はほとんど期待ができなくなってしまうため、繁殖を狙うのであれば産卵床での産卵は必須です。

 

また、上手く産卵ができず卵詰りになってしまった場合は命にかかわる事態となるので、無精卵であっても産卵することがわかっているのであれば産卵床を用意する必要があります。

卵詰りの恐怖と抱卵の見分け方

産卵床で生活をさせると近いうちに産卵をしてくれます。

 

産卵が終われば水槽に戻しても大丈夫ですが、なかなか産卵をしない場合は動物病院で確認してもらい、必要であれば産卵促進剤を注射してもらうと良いです。

 

産卵促進剤の効果は短く、その夜に産まないと効果は期待できないですが、ほとんどの場合で産卵を成功させてくれます。

 

産卵後

 

産卵後は無精卵であれば処分して大丈夫ですが、有精卵の可能性がある場合はふ卵器で温度と湿度を維持して発生を目指すことになります。

 

ふ卵器に入れる場合には、掘り出した時から卵の向きや上下を変えずにそのままの状態でおきます。

 

その後もあまり触らないようにして向きが変わらないように静置して管理をします。

 

爬虫類の卵は鳥の卵のように回転させてしまうと卵内の胚が死亡します。

 

絶対に動かさないように維持して孵化まで管理をしましょう。

 

有精卵の判別

 

有精卵の場合は多くの種で数日以内に卵の上部が白濁してきます。

(種によってはかなり時間のかかることもある)

 

発生が続く場合は白濁が卵全体に進行していきます。

 

白濁した卵は動かすことなく孵化までしっかりと管理して繁殖に挑戦してみると良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は水棲カメの抱卵の兆候から卵の管理まで簡単にまとめてみました。

 

重要なことは♀であれば産卵をすることがあり、産卵の兆候を見抜いて正しくケアをしてやることです。

 

産卵には体力を使うため、大切な♀カメを健康に飼育するのであれば知っておくべき知識です。

 

 

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  3. リクガメ飼育初心者に必要なもの、知識まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    リクガメ飼育初心者に必要なもの、知識まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  4. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  5. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  6. リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
    リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
  7. カメの抱卵、産卵の兆候と適切なケア方法
    カメの抱卵、産卵の兆候と適切なケア方法
  8. ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
    ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
  9. 卵詰りの恐怖と抱卵の見分け方
    卵詰りの恐怖と抱卵の見分け方
  10. いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
    いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です