ドクダミの除草と今年の畑整備開始

我が家の前には結構広々とした空き地があります。

 

引っ越してきたときは草ぼうぼうで蚊が多くて悲惨でしたが、今では2年目に入りかなり有用な野草と害のある雑草とを選別してきました。

 

その中でもとにかく最強の生命力を誇るドクダミの駆除にこの時期は力を入れる必要があります。

 

対ドクダミ兵器

 

ドクダミは地下茎を張る雑草で我が家ではセイダカアワダチソウと並んで駆除の大変な雑草として猛威を振るっています。

 

セイダカアワダチソウは抜いて完全に駆除できましたが、ドクダミは無理です。

 

抜いても抜いてもかけらが残っていれば生えてきます。

 

そのため、僕は除草薬に頼ってドクダミと戦っています。

サンフーロンは安全な除草剤として非常に有効に働きます。

 

地面に残っても毒性は残りませんし、植物の葉から吸収された場合のみ毒性を発揮して植物を枯らしてくれます。

 

土壌に汚染が残らず、他の草にも影響を与えないので、近くの草をリクガメの餌にする場合も安心です。

 

このサンフーロンを希釈して霧吹きに入れて保管すると厄介なドクダミが生えてきてもすぐ戦える体制を作ることができます。

 

生えてるのを見つけるとサンフーロンを霧吹きするだけです。

 

これを使って除草を繰り返すことでかなりの面積が有益な野草で茂る食料庫なりました。

 

 

我が家では畑も作っており、こちらでは主に人が食べる野菜を作っています。

 

野草が生えてきたら抜いてリクガメの餌にすることは変わりありませんが、年中小松菜は育てています。

 

他にもトマトや大根、ジャガイモ、スイカなどを去年は育ててみました。

 

特に厄介であったドクダミとの戦いが一区切りつきそうなので今年はもっと家庭菜園に力を入れることができそうです。

 

暖かい春になってきたので今年の野菜をそろそろ植えようと思っています。

 

今年もスイカは作りたいですし、ピーマンやニンジンも作る予定にしています。

 

土壌は冬の間に休めていましたが、今は春の野草が出てきています。

 

スーパーで買ってきて植えた蕪も立派な葉をつけています。

 

一通り人とリクガメで協力して食べつくした後に今年の野菜を投入です。

 

 

桑の木

 

今の家に住んでいる最大の決め手となった桑の葉がそろそろ芽吹いてきました。

 

桑の葉はリクガメの餌として特に優れた栄養価を持っており、カルシウムを多く含み、リンの含有量が少ないといった特性があります。

 

現在生えている桑の木だけでも十分に春から秋までのリクガメの腹を満たしてくれます。

 

リクガメの成長に特に重要な夏の季節などは取り切れないほどの葉を出してくれるので、我が家のインドホシガメたちはいつでも食べ放題にしています。

 

今年も春の訪れを感じさせてくれており、食費や電気代の厳しい冬の終わりが来るのに安堵しています。

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  3. リクガメ飼育初心者に必要なもの、知識まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    リクガメ飼育初心者に必要なもの、知識まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  4. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  5. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  6. リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
    リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
  7. カメの抱卵、産卵の兆候と適切なケア方法
    カメの抱卵、産卵の兆候と適切なケア方法
  8. ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
    ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
  9. 卵詰りの恐怖と抱卵の見分け方
    卵詰りの恐怖と抱卵の見分け方
  10. いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
    いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です