2年後の夢ーインドホシガメ牧場、デュビア養殖、飼育情報体系化ー

人生何事も先立つものが必要です。

 

現在僕は爬虫類関係で夢を3つ抱えて実行に移すために仕込みを行っていますがいかんせんお金と時間が足りません。

 

少しずつ着実に進んでいますが、そのうち一気に実行に移したいものです。

 

ベースとしての戦略

 

僕が考える人生の基本は「何事も楽しいことを選び、思い立ったらすぐ行動」です。

 

インドホシガメの飼育も当日出会った段階でこいつは人生のパートナーだと思いお迎えし、その後は一気にインドホシガメに傾倒していきました。

爬虫類飼育初心者がインドホシガメをお迎えしちゃった話

デュビアの繁殖も楽しいですし、大量死もありつつ、実験を重ねてより良い飼育環境を目指しています。

 

飼育設備も自分で作ることを念頭に設計方法を勉強して、材料や工具をたくさん買い込み、必要なものを必要な時に作れるようにしています。

 

すべては楽しいからやっていることであり、現在の収支は大幅にマイナスです。

 

ですが将来的には事業化してプラスにもっていくことを考えて将来を見据えて動いています。

 

インドホシガメの繁殖

 

第一であり最大の夢はインドホシガメの大規模繁殖施設を作ることです。

 

目標としては年間100頭のインドホシガメを繁殖して飼いたい人に譲ることのできるような施設を考えています。

 

CITES1昇格の提案書にもありましたが、しっかりと繁殖する施設が世界中に無いようなので、僕が作ってしまおうかと思っています。

 

そのため、まずは種親の確保と設備の元となる一軒家の購入から始める方針です。

 

一軒家は安い中古のボロ家を改造してインドホシガメの飼育に適した部屋を自作するつもりです。

 

高くとも400万円で家を買おうと考えています。

 

どうせ大規模に改装が必要ですし、インドホシガメの事だけを考えたスペースがかなり多くなると思います。

 

その自作に適したサイズが確保できれば、自分の生活スペースは最低限でよいかと・・・

 

その1階部分、風呂の隣を改造して、インドホシガメの飼育だけを考え、耐湿、断熱、熱入射、紫外線、運動量、床面積、総合的に満足させる飼育部屋が理想です。

 

風呂からは湿度をインドホシ部屋に流せるようにすることを考えています。

 

アホだと思いますが、本気で作るつもりです。

 

ここに種親として20頭前後のインドホシガメを確保することを目指しています。

 

現在は6頭飼育していますが、ここから殖やす方針です。

 

この子たちの血統を交差させて第一世代を種親として使えるまで育成し、最終的に種親を20頭前後となるように考えています。

 

そのため、現在は繁殖に成功しても簡単に譲るつもりはなく、我が家で育て上げることを念頭にしています。

 

今管理しているインドホシガメの卵が順調に推移すればベビーの飼育設備を孵化までに完成させる必要が出てきました。

 

上手く孵ることを期待して現在設計している途中です。

 

家の購入と合わせてベビーの繁殖、育成に時間がかかるので、本格的な設備の制作開始は2年先を見据えて行動しています。

 

インドホシガメについては、今は仕込みの段階です。

 

デュビアの養殖

現在インドホシガメと並んで取り組んでいるのがデュビアの養殖です。

 

現在の数は衣装ケース1つに収まる程度でまだまだ少ないですが、これからどんどん増やして衣装ケース10個くらいにデュビアを満杯にできるようにと考えて取り組んでいます。

 

そこまでいけばやっと販売が開始できるかと思いますが、現在は餌の生成と飼育環境の最適化で実験を行って、どのような餌と環境が効率的で良質なデュビアの育成につながるのか研究しています。

 

餌はできるだけ安価で大量に手に入り、デュビア自体の栄養価を高められるものを考えて、消化吸収を良くするために発酵処理を考えています。

 

十分に発酵して食べやすいデュビアの餌の作成について、現在は3種の原材料から作成を試みています。

 

また、デュビアの質についても実験をしていますが、水分はしっかり取れる方がより大きくより繁殖に向いた体作りができるといった結果も出ています。

 

蒸らしてはいけないけど水分は重要といった感じでどういった飼育ケースを作るか今後しっかりと考えていく必要がありそうです。

 

それと同時に選別交配も試しており、大きくてプリプリな個体にしっかりと子孫を残してもらうべく進めています。

 

幸いなことに選別漏れ個体を食べてくれる生体はしっかりといるので、順調に優秀な遺伝子を残していっています。

 

デュビアの繁殖は時間がかかりますが、安定して増殖させていくことが目標です。

Webサイト運営

 

このサイトの運営ですが、できる限り他の人にとって有益な情報を体系的にまとめた資料となるように作っていくことを目指しています。

 

インドホシガメの販売を始める場合、飼育方法の説明が必要となりますが、言葉で簡単に説明できるものではありません。

 

口頭で説明するとなると相手にある程度のリクガメ飼育に関する知識を要求してしまいますし、しっかりと説明すると数時間かかります。

 

そのため、簡単な内容からコアでマニアックな情報、実験的な情報もまとめて配信することをこのサイトの目的としています。

 

また、販売する個体以外にも、既にインドホシガメの飼育をしている人に有益な情報となれば良いと思い、オープンなWebで運営を続けていきます。

 

書籍とかであれば、絶版で手に入らないといったことがありますが、Webであればサーバが動いている限り大丈夫です。

 

運営についても収益化方法は既に確立しているので、多分長いこと運営していてもプラス収支になります。
自分の持っているノウハウをもったいぶらずに放出して運営していきます。

 

まとめ

今回は僕の今後の行動方針について書いてみましたが、将来的には事業化して、生活に必要な収入を得ることで、時間も余裕をもってかけれるようにしていきたいと考えています。

 

会社勤めであるとどうしても時間が足りないため、後2年後にはこれらを仕事にできるように最大限の努力と投資を行っていきます。

人気記事

  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. 注意点を網羅!失敗しない具体的なリクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    注意点を網羅!失敗しない具体的なリクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  3. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  4. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  5. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  6. ヘルマンリクガメ飼育の基礎となる現地環境と日本の比較
    ヘルマンリクガメ飼育の基礎となる現地環境と日本の比較
  7. いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
    いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
  8. リクガメ飼育のお財布事情【医療費も!】
    リクガメ飼育のお財布事情【医療費も!】
  9. インドホシガメの医学 -鼻水-
    インドホシガメの医学 -鼻水-
  10. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です