検索上位を取れるサイトに求められるSEOとは?

ブログをはじめ、情報発信を行う場合、多くの人に届くようにしたいと考えるのは、ごく一般的な心理であると思います。

 

そのためには、SNSで発信をしたり、検索順位を気にしたりといったことになるわけですが、対策の仕方が見えてこないとどのようにも動けません。

 

今回は僕が実施して効果があった対策や、なかった対策についてまとめてみます。

 

本サイトのスペック

 

始めに、本記事記載時点のサイトスペックを公開します。

 

記事数                  80記事
 
1日当たりのPV数(ページを見られた回数) 200前後
 
開設からの期間              8カ月

 

ジャンルはリクガメの飼育に関した特化ブログです。

 

また、ドメインは独自ドメイン(hoshigame.net)を取得してクラウドサーバ上から公開している状態で、wordpress環境で運用しています。

 

無料ブログサービスを使用されている方にはわかりにくいかと思いますが、自分のWebサーバ上で無料のブログ作成ツールを使用して独自に運用しているといったイメージです。

 

このような運用形態を選んだ経緯とそのメリットは下記にまとめています。

 

スタートアップ

 

ブログを始めてじゃあすぐに検索からの流入があるかというと、そんなことは全くありません。

 

何もしないと、書いた記事を見に来てくれるような人は一切いないのがスタートアップの状況です。

 

ですので、まずはTwitter等のSNSを活用して宣伝をしていくことが必要になります。

 

SNSを経由してつながっている人やその周辺の人たちが見に来てくれることはありますが、宣伝を継続しないとすぐに誰も来なくなります。

 

検索流入が安定しないこの時期は書いても見てもらえないことが多い非常につらい期間ですが、ここを乗り越えると、googleに認知され、少しずつ検索に乗っていき、見てくれる人が増えてきます。

 

時間としてはこの期間は3カ月ほどで、それからどんどん検索流入も期待できるようになってきます。

 

 

検索100位以内に表示!

 

検索100位以内に自分のサイトが表示されたら初めはうれしいものです。

 

ですが、数字としての結果はさんざんで、流入はあまり期待できません。

 

なぜか?

と考えてみると納得するのですが、普段検索1ページ目の結果で満足して、検索を終えるといったことが非常に多くないでしょうか。

 

つまり、検索からの流入を期待する場合、ターゲットとするキーワードで1ページ目か悪くとも2ページ目に表示される必要があるということです。

 

検索からの流入を考えるとそこまで押し上げていく必要があります。

 

僕はこのサイトの運営を通して、独学で勉強したものとして、SEOがあります。

 

SEOとはSearch Engine Optimizationの略であり、検索エンジンにいかにして自分のサイトを上位表示させるか工夫をすることです。

 

このSEOを意識した場合としない場合では結果は全く違いますし、自分のサイトの周りからの評価や今後の展開に影響してきます。

 

 

基本のSEO

 

SEOの基本はユーザーの役に立つことを考えて記事の内容を記載することです。

 

ユーザーの求める情報を考えて、それを満足させるような内容を記載することでどんどん検索順位に良い影響を与えていきます。

 

中身が大切なのはもちろんですが、タイトルも重要です。

 

検索上位取れたとしても、ユーザーが知りたい!と思うタイトルでなくてはそのページを開いてすらくれません。

 

なので、僕がここ数カ月でSEOについて勉強して、とにかく重要だと感じたのが良い内容に良いタイトル、これだけを目指すといったことです。

 

まずは見てもらう!これがベースになり、これができて初めて中身で勝負をさせてくれるのが検索エンジンです。

 

見てもらうことができるとそれだけでもうれしいですが、ページの中でのユーザーの行動は常に検索順位に影響を与えているようです。

 

本サイトについてはアクセスデータを取得しており、いろいろな角度から分析ができるような環境を整えています。

 

と言ってもgoogleのツールであるgoogle analytics とgoogle Search Consoleですが・・・

 

これらを整えてやっと本来のSEOの土俵に立つことができるようになります。

 

僕はやっと本格的にSEOを意識して記事をチューニングするようになりましたが、初めから検索上位が取れるとは思わないで気長にやっていく必要があります。

 

重要なポイントは

   1.タイトル

   2.中身

です。

 

まずは読んでもらえるタイトルを選びましょう。

 

検索順位に影響があるもの

 

その他検索順位に影響を与えるものについて、以下にまとめてみます。

 

・ドメイン

検索エンジンは明確に「誰が」発信したのかを見て評価を下しています。その誰にあたる部分が「ドメイン」になります。

 

無料ブログサービス(アメブロ、ライブドアブログ、FC2ブログ等)であれば、ある程度ドメインパワーがあるので立ち上がりが楽です。

 

ただし頭打ちも早い印象です。

 

長期に運用して、自分の物としてしっかりと成長させたい場合は先行投資が必要になりますが、独自ドメインの取得が効果的です。

 

独自ドメインが成長してしまえば、ブログだけでなくいろいろな形でサイトを成長させていけるようになります。

 

(規約などがないのも独自ドメインのメリット)

 

・タイトルと中身の整合性

先に僕はタイトルが重要と記載しましたが、誇大広告のような中身とは全く違うようなタイトルを付けると逆にペナルティを受ける場合があります。

 

明確に検索エンジンからペナルティを受けるわけではなく、ユーザーが「タイトルと中身が違う!」と判断するためです。

 

そのようなサイトに自分が出会った時の対応を考えるとよくわかります。

 

すぐにブラウザバックしますよね。

 

・ページ内でのユーザーの行動

ページ内でユーザーがどれだけ滞在していたか、どのような経路でページを離れたかも検索順位に明確に影響しています。

 

上記のようなタイトルと中身の一致していないサイトだとすぐにブラウザバックで離脱しますし、内容がしっかりとしていてためになるページであればしっかりと熟読します。

 

基本的にユーザーは忙しく、無駄なページ、文章を読んでいる暇はないと考えると、熟読してくれていること自体がすごいことなのです。

 

また、サイト内リンクで他のページも見てくれると、このサイトはユーザーに好かれていると評価がもらえることになります。

 

まとめ

今回は検索上位にブログを表示するために自分で実践したり考えていることをまとめてみました。

 

明確でわかりやすいサイトを作れば時間はかかるものの検索上位は狙うことができます。

 

僕もまだまだですが、これらはベースとして考えて記事を作ると結果は変わってくると思っています。

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  3. リクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    リクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  4. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  5. 2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
    2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
  6. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
  7. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  8. リクガメ会5月25日開催 案内 【飼育者交流】
    リクガメ会5月25日開催 案内 【飼育者交流】
  9. リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと
    リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと
  10. 飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境
    飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です