インドホシガメ産卵日記【2019年3月】

インドホシガメ♀の抱卵が2019年3月2日にレントゲン検査により確認できました。

本記事では、産卵までの経過を日記形式で記していきます。

3月2日

おなかの中に大きな卵が2つあることを確認しました。

第一印象としては「これ産めるの?」といったぐらいに大きく、産卵には時間がかかりそうな印象です。

とりあえず現状準備している産卵床で生活させて、自力で産んでほしいと考えています。

体重は測り忘れたため、1500gくらいといったアバウトな感覚で次の日へ

3月3日

体重の測定を忘れたため、産卵床をすべて掘り返して確認しました。

土はよく踏み固められており、体は泥だらけになっていることから産んでいると思いましたがまだでした。

運動量は十分に確保できているようでとりあえず安心です。

少しだけ入れているキャベツがかじられており、全く食欲がないわけではないようです。

体重は1518gと測定しましたので、これから大きく下がれば産んでいるとみて良いかと思います。

3月4日

朝一に確認して体重は1524gで少し上がっていました。

泥だらけなので泥の重量か、キャベツをちょっと食べていたのか?

夜間も動くことなく早々と熟睡に入ってしまいました。

3月5日

この日は朝一で体重測定を行ったあとにレタスを与えると勢い良くかぶりつきました。

夜間体重測定をすると1546gと若干増加しており、水分が欲しいのかといった判断で水入れを増強して水分補給を促しました。

3月6日

この日体重測定をすると、水を良く飲んだようで1750gまで体重が増加していました。

産卵には水分が必要だとは思っていましたが、大量に入れた水をすべて飲み干してしまいました。

産卵に期待が膨らみましたがまだ兆候は見せず、夜間は小さく丸まって寝ています。

3月7日

水分をとって体重増加はしたもののいまだ産む気配を見せません。

なので、環境の問題かと考えて、土をほぐして湿度調整とひよこ電球の追加、段ボールで周りを囲って保温できるようにして様子見です。

これで下から来る暖気で土が暖められ、環境温度も上がり、湿度も90%以上と高い状態となりました。

ですが、産む気配は見せません。

3月8日

前日と同様の条件で管理をしたものの産む気配は全くありません。

産卵促進剤の使用を考えたのはこのタイミングで、今日産まなければ使う方針で準備をしました。

 

3月9日

この日は健康診断第二陣とともに抱卵している♀への産卵促進剤注射を行ってきました。

その結果1つ目の卵を産卵です。

詳細はリンクにて

健康診断の第二段とインドホシガメの産卵【2019年3月】

 

3月10日

この日については産卵促進剤の効果がある範囲になるので、夜間に散乱していないか確認しましたが、産卵はありませんでした。

体重は1525gでしたが、野草を与えると活発に反応して、豪快に食べてくれていたため、夜間にはこれよりも体重は上がっていると思います。

とりあえず卵1つ分おなかに空きができた分たくさん食べてくれてホットしました。

 

 

・・・・更新中

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  3. リクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    リクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  4. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  5. 2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
    2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
  6. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
  7. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  8. リクガメ会5月25日開催 案内 【飼育者交流】
    リクガメ会5月25日開催 案内 【飼育者交流】
  9. リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと
    リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと
  10. 飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境
    飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です