CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

インドホシガメの健康診断に行ってきましたので、その結果や費用、内容などをまとめて公開したいと思います。

 

CITES登録に向けて健康診断

 

インドホシガメのCITES1格上げが2019年5月のCITES会議CoP18で議論される予定となっています。

 

僕個人の考えとしては、今回のCITES1格上げはほとんど議論の余地なく通過すると予想しております。

 

これに伴って、国内で飼育されているCITES1種と同様に将来の繁殖や飼育者の不測の事態で手放す必要が出た場合などを考えると、登録証の取得は必須と考えます。

 

登録証の取得に向けては、「法で規制される前に、生体を取得したことを証明する書類」が必要になるとのことですが、この書類集めの一環として健康診断も実施しておこうといった目論見です。

 

ただし、一番の重要なことは今飼育している個体の健康把握ですが・・・

 

一応書類として持っておくことで、公的な照明になると考えています。

 

また、最近突然死をしてしまった子も出てため、念を入れた健康調査もしておきたい、♀の産卵可能サイズの個体は卵の有無など知っておきたいことがたくさんあります。

 

そんな思いで、健康診断に行ってきました。

 

第一陣に2頭のインドホシガメを連れていき、診てもらいました。

 

検査の中身

 

健康診断については主に、問診と触診で行われました。

 

「ちゃんと動いてよく便や尿酸は出すか?」、「ちゃんと食べているか?」といったことへの質問の受け答えをしながら先生はカメの体を触って反応を確めたり、鼻水などの重要ポイントをチェックしていました。

 

また体重も測定してもらい、カルテに情報を記載されてました。

 

今回連れて行った個体はペア飼育をしており、上手くいけば交尾を済ませている可能性のある個体たちで、体調にも自信のある子です。

 

質問の中で、「ちゃんと食べているか?」と聞かれて、産卵はしないものの最近♀の餌喰いが悪いなと思い、相談してみたところ、先生は卵があるかもといった感触でしたのでレントゲンを撮ってみることにしました。

 

♂については大丈夫といったことで、問診と触診だけで終わりました。

 

始めてリクガメのレントゲンを見てみましたが、♀はおなかに大きな卵を抱えており、結石などの異常もない状態です。

 

個人的にもうっすらと疑っていたものの、本当に持っていたといったことで、その日から♀は産卵床暮らしになっています。

 

これまでも何回か産卵床において生むかどうか試してみましたが、生んでいないことから検査に行っていない場合最悪卵詰りで死なせていたかもしれません。

 

リクガメの卵詰りは死因としてかなりあるようですので警戒して確認に行って良い結果となりました。

 

このまま自力での産卵をしばらく試して、生まないようであれば産卵促進剤を打つということでこの日の診察は終わりました。

 

この日の費用は、診察料800円、レントゲン代5000円+税の6264円でした。

 

これで安心が買えるなら安いものです。

CITES登録のための書類について

 

こちらについてもどうするのが良いのか疑問に思っていたため、先生に相談しましたが、回答としては、規制前から飼育している証明書類はカルテが残っているためいつでも発行可能とのことでした。

 

入手の照明については販売証を購入するときに受け取りますが、それが無くなっている場合も多いかと思います。

 

僕もなくしておりますが、購入したショップに問い合わせをして再発行をしてもらうといった手もあるようです。

 

ですが、購入したショップが無くなっていたりでどうしようもない場合は健康診断などの記録も使えるとの情報を得て今回の健康診断を行っています。

 

「法で規制される前に、生体を取得したことを証明する書類」をなくしてしまった場合はとりあえず健康診断などで動物病院に一度はいっておいた方がよさそうです。

 

 

まとめ

 

もしや?とは思っていましたが、インドホシガメの抱卵が確認できました。

 

健康診断をすると悪いことばかりではなく、良いこと、早期に発見するべきことがわかることがあります。

 

CITESがらみの準備もありますが、健康診断へ行っておくことの重要性がわかる事例でした。

 

この次の週末には第2陣の健康診断へ行ってきます。

2019年3月11日追記

健康診断第2陣行ってきました

健康診断の第二段とインドホシガメの産卵【2019年3月】

この記事が役に立ったと感じたらぜひシェアしてください!

人気記事

  1. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  2. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  3. カメ、リクガメの卵詰りの恐怖と抱卵、産卵予兆の見分け方
    カメ、リクガメの卵詰りの恐怖と抱卵、産卵予兆の見分け方
  4. 3年の飼育経験から考えるヘルマンリクガメなどの入門種リクガメ飼育方法   初心者に必要なもの、知識から
    3年の飼育経験から考えるヘルマンリクガメなどの入門種リクガメ飼育方法 初心者に必要なもの、知識から
  5. リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
    リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
  6. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  7. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  8. ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
    ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
  9. タダで簡単!ミジンコの繁殖とグリーンウォーターを使いこなす
    タダで簡単!ミジンコの繁殖とグリーンウォーターを使いこなす
  10. リクガメの健康飼育【8つの観察ポイント】
    リクガメの健康飼育【8つの観察ポイント】
  11. リクガメの鼻水症状とその対処法
    リクガメの鼻水症状とその対処法
  12. 夏レプで見たCITES1類提案個体と国内登録(マイクロチップ)の問題
    夏レプで見たCITES1類提案個体と国内登録(マイクロチップ)の問題
  13. 亜種が多様なギリシャリクガメの分布地環境と魅力
    亜種が多様なギリシャリクガメの分布地環境と魅力
  14. 2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
    2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
  15. 飼育したい爬虫類!飼えるリクガメの種類10選
    飼育したい爬虫類!飼えるリクガメの種類10選
  16. リクガメの医学【便秘・結石】
    リクガメの医学【便秘・結石】
  17. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
  18. リクガメの主食についての考え方と配合飼料の使いどころ
    リクガメの主食についての考え方と配合飼料の使いどころ
  19. 見た目でわからないリクガメの不調を見抜くポイント
    見た目でわからないリクガメの不調を見抜くポイント
  20. 爬虫類飼育初心者がインドホシガメをお迎えしちゃった話
    爬虫類飼育初心者がインドホシガメをお迎えしちゃった話
  21. ロシアリクガメ飼育を分布地気温・湿度から考える
    ロシアリクガメ飼育を分布地気温・湿度から考える
  22. リクガメケージ選択の一長一短
    リクガメケージ選択の一長一短
  23. リクガメ飼育温度・湿度管理の重要ポイント
    リクガメ飼育温度・湿度管理の重要ポイント
  24. デュビアのメリットデメリットと我が家での繁殖方法
    デュビアのメリットデメリットと我が家での繁殖方法
  25. 簡単飼育!ヘビ飼育の入門種コーンスネークの飼い方
    簡単飼育!ヘビ飼育の入門種コーンスネークの飼い方
  26. リクガメは健康ならばほぼ無臭【匂う臭い場合の対策も】
    リクガメは健康ならばほぼ無臭【匂う臭い場合の対策も】
  27. 我が家でのチズガメ飼育方法
    我が家でのチズガメ飼育方法
  28. 爬虫類ペットの値段を決める経済学的効果【リクガメの販売値段高騰を受けて】
    爬虫類ペットの値段を決める経済学的効果【リクガメの販売値段高騰を受けて】
  29. インドホシガメ産卵日記【2019年3月】
    インドホシガメ産卵日記【2019年3月】
  30. カメ掲示板

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. ムツ大郎 より:

    証明の仕方大変参考になりました。
    ありがとうございます。
    レプタイルクリニックで検査してもらったことあるので安心しました^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。