爬虫類のペットが病気になった時の対応まとめ

爬虫類を含めペットを飼育していて一番苦しむのは病気になったときの対応です。

 

最悪の場合、飼育個体が死亡してしまうため、軽率な対応はとれないですし、場合によってはどうすればよいか迷うこともあると思います。

 

僕もどう対応するか迷ったうえで複数の生体を殺してしまっており、その苦しさは体験済みです。

 

最善の方法 動物病院に連れていく

 

一番簡単かつ効果的な方法は動物病院に連れて行って専門家の判断を仰ぐことです。

 

飼育している生体がマイナー種になればなるほど診てもらえる動物病院は少なくなりますが、頼れる先生を見つけておくことですぐに駆け込むことができるようになります。

 

また、動物病院に連れていくかどうか、体力的な面であったり、気象条件であったりで迷うこともあるかと思いますが、自分の手に負えない場合はすぐに動物病院に連れていくことが治療成功率に関わってくると感じています。

 

効果的な処置をしてもらえると生体を連れていく体力的リスクを上回るベネフィットがあると痛感しています。

 

 

自分で治療する場合

 

リスクを覚悟で自身の技術で治療する飼育者も多くいます。

 

正しくこの選択ができる飼育者はどのような原因でその症状が出ているのか知ったうえで対応をします。

 

マイナー種の飼育者ほど勉強熱心で飼育種について深く情報収集を行っており、治療についてもよく考えて方針を組んでいると感じます。

 

僕が考える範囲(インドホシガメ、チズガメ、カナヘビ飼育)では以下の対応があります。

 

体温を上げる

 

一番簡単で効果のある治療方法です。

 

体温を上げて免疫系を活発化させることで生体自身の抵抗力を高める方法です。

 

インドホシガメでは鼻水の治療でよくこの方法を使いますし、外傷ができた個体がいたときにも隔離して高温にさらして体温を上昇させました。

 

病気の個体では本能でわかっているのか高温部から動かず、回復までゆっくりと過ごして治ってくれました。

 

我が家でよく行う対応方法で、場合によっては温浴も合わせて行っています。

 

インドホシガメの鼻水治療環境

 

病気の原因を取り除く

 

基本中の基本ですが、病気になったということは何かしらの理由があります。

 

老いによる体の衰弱であれば仕方がないことではありますが、たいていの場合は飼育環境の問題が病気の引き金になっています。

 

特に爬虫類のような寿命の長い生き物であれば、ほとんどの個体の死因は飼育者側で防げるものです。

 

環境が不衛生、温度、湿度が低すぎる、高すぎる、危険なものがある等の気が付いて対応が取れると改善できるものが大半です。

 

治療も重要ですが、治療後の対策も踏まえて動くことが飼育者には求められます。

 

一時的に治療環境に隔離して治療を行っている間、他の個体が同様の症状にならないように環境の見直しを行うことも必要です。

 

薬を使う

 

薬と言ってもやみくもに使うわけではなく、処方されたものや先行事例があって市販で入手できるものがある場合ですが、自分で薬を投与して治療を行う場合があります。

 

治療といってもインドホシガメの鼻水薬が残っているので、長く使っているだけですが、薬がある場合はすぐに使って早期治療を行っています。

 

また、他にも症例はないかと情報を集めるだけは集めておいて、有効な薬を見つけて知っておくことは情報として非常に有益であり、まとめておく価値のあるものであると考えています。

 

現状では鼻水にはオフロキサシン点眼液が処方されており有効であるとはわかっていますが、これは処方薬なので市販では手に入りません。

 

また、中耳炎治療にオフロキサシン点眼液の点鼻と市販薬のテラマイシン軟膏を患部への塗付を1日1回しているものの、効果は確認できませんでした。

 

手術

 

僕はリスクが高くてやりたくない方法ですが、自分で手術して治療している人も中にはいます。

 

手術を行うと切創ができ、そこからの感染症が一番のリスクと考えています。

 

有効な抗菌薬や抗生物質があってこそ手術での治療成果が上がると僕は考えています。

 

まとめ

 

治療について方法をまとめてみましたが、飼育者がお手上げ状態になったら動物病院にすぐ駆け込むことが最良であると考えます。

 

ただ、自身で治療を行う場合は体温を上げてやることで改善することもあり、我が家での治療成果は良好な結果となっています。

 

生体本来の免疫系に頼ることができるかどうか、見極めは非常に難しいですが、どうしようもなくなる前に病院に行けるかどうかはこれも1つの飼育者スキルであると思います。

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. 注意点を網羅!失敗しない具体的なリクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    注意点を網羅!失敗しない具体的なリクガメ飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  3. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  4. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  5. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  6. ヘルマンリクガメ飼育の基礎となる現地環境と日本の比較
    ヘルマンリクガメ飼育の基礎となる現地環境と日本の比較
  7. いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
    いろいろな模様の亜種がいるギリシャリクガメ分布地環境まとめ
  8. リクガメ飼育のお財布事情【医療費も!】
    リクガメ飼育のお財布事情【医療費も!】
  9. インドホシガメの医学 -鼻水-
    インドホシガメの医学 -鼻水-
  10. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年1月11日

    […] 病気時の対応方法まとめ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です