11月のインドホシガメ飼育

11月はかなり寒くなり、保温器具のスイッチは入りっぱなしの状況となってきました。

 

 

これからまだ寒くなるものの、これからの対策は今の延長線上で進めていくことになります。

 

我が家のインドホシガメの状態

 

我が家では現在のところ6頭すべてのインドホシガメを安定して飼育できています。

 

鼻水もなく、かなり健康的に維持できており、不安がほぼないことから数日間の外出などでも心配することはありません。

 

温度の日中の変化としては、晴れの日には太陽光のエネルギーで30℃以上まで温度が上がりますが夜間は20℃台前半で温度が低下します。

 

夜間は小さい個体ほどホットスポットに寄り添って寝ており、大きな成長した個体ほど離れている姿を観察しているため、生体の大きさによって適温が違っているのかもしれないと考察しています。

 

温度勾配を付けることはやはり重要ですね。

 

飼いこみ個体なので各個体のクセもよく知っているため、その点も安心材料につながっています。

 

成長状況としては、♀達は順調に体重が増え、大きくなってきていますが、♂はあまり変化が出てきていないです。

 

そのような環境と個体の状態を維持しつつ、12月へ飼育を続けていきます。

 

 

この季節の注意点

 

11月ともなると、保温器具の電源はほとんど入りっぱなしで電気代がかなり上がってきている頃合いだと思います。

 

我が家では夏と比較してすでに1.5倍程度まで電気代が上がっており、これからさらに保温強化するためまだ上がる予定です。

 

また、日々の観察を怠ると気づいたら鼻水がでてひどい状態になっている場合もありますので、観察をしっかりとしつつ保温能力の最適化を行っていく必要があります。

 

 

鼻水対応
治療環境

 

 

また、そのような状態になった場合にすぐに保温強化ができるように予備の保温器具をストックしておくことも重要かと思います。

 

湿度についても注意が必要で気象的な湿度の低下もあり思いのほか下がる場合があるので、注意しておかないとすぐに乾燥してしまいます。

 

乾燥しないように飼育設備の一部を湿らせておくことである程度安定させることができます。

 

 

餌事情

 

この季節ともなるともう桑の木から葉が落ちたり、質が悪くなっているため桑の葉はあまり使えなくなってきています。

 

現在は大根葉に切り替える途中で大根の成長を待っていますが、なかなかまだあまり大きな葉をつけるほどに成長していません。

 

なので、野草の採取を中心に維持しつつ、安い小松菜や栄養を考えてピーマン、トマトなどでつないでいる状態です。

 

12月に入れば大根葉を中心にしていきたいと考えて栽培をしています。

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です