我が家の爬虫類食卓 -自給自足にむけて-

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

我が家ではインドホシガメやアイセンラウトカナリアカナヘビといった草食傾向の強い爬虫類を飼育しております。

 

その飼育で楽しいポイントとして餌を考え,準備することですが、なにも野菜を買ってきて与えるといった選択肢しかないわけではなくいろいろな餌の準備方法があります。

 

その種に合わせた配合飼料に頼るといった手もありますし、野草を取ってくるといった方法もあります。

 

今回は僕が最も使っている餌について紹介します。

 

桑の葉

桑はクワ科クワ属の落葉樹でその葉は蚕の餌などに昔から使われている栄養価の高い餌です。

 

また、春から実もついてきて非常に多くの部分を与えることが可能です。

 

桑の葉は人間にも健康的とされ、原材料に桑の葉を使ったサプリメントがあるくらいで、非常に栄養価が優れており、特にカルシウムの含有量が多いことが特徴です。

 

春から秋にかけて大量の葉をつけることもあり、我が家で主食となっているとても重要な餌植物です。

 

しかし、少々固めの葉であるため、一部食べきれない子もいます。

 

そのため、一番桑のお世話になっているのはインドホシガメで、アイセンラウトカナリアカナヘビは乾燥してパリパリになってから食べている姿を確認しています。

 

ノゲシ

 

ノゲシはキク科ノゲシ属の野草でタンポポの近縁にあたる野草です。

 

春から夏にかけてタンポポそっくりの花を咲かせ、種をばらまいてたくさん増殖してくれます。

 

草食性のペットを飼育していない人にはただの雑草に映るかもしれませんが、人間も食べられる野草で、非常に有益な野草です。

 

ノゲシは年中発生していることも餌として使ううえでメリットですし、かなり大型になるので食べ応えのある量が簡単に確保できます。

 

形状としてはタンポポのようなロゼット型の葉の広げ方や茎を高くのばして間から葉を伸ばしたりと2種類の形状がありますが、どちらも葉はレタスのような性質を持ったさわり心地をしています。

 

葉の取れ高としてはロゼット型の方が優秀です。

 

茎をのばした場合、茎は中空で簡単に折れ曲がります。

 

ちぎると白い乳液が出てくるところはキク科の特徴と変わりませんが、毒はないため安全です。

 

我が家では一番人気の野草でどの子も喜んで食べてくれることから積極的に増やしている野草ですが、消費の方が早く気が付いたら家の周りのノゲシを取りつくしていたこともしょっちゅうあります。

 

大根葉

 

大根葉も桑の葉同様にカルシウムが豊富で栄養価の良い餌です。

 

しかし、一般的に売られている大根は葉を落として根だけの状態で売られています。

 

ですが、この状態でも大根葉を手に入れる方法があります。

 

方法としては簡単で、買ってきた大根を土に植えてやれば、自然と葉が生えてきて、1月ほどで収穫できる量になります。

 

また、我が家では普通に大根の栽培もしており、15株程度の大根を葉が大きくなるように育てつつ、育った葉を少しずつちぎっていく方法で餌を確保しています。

 

毎日少しずつちぎっていっても成長の方が勝るため、安定して主食として大根葉を使えています。

 

この方法はある程度の土地がないと難しいですが、冬場のような採取で餌を確保するのが難しい季節にも使える方法であり、餌の安定供給に貢献しています。

 

買ってくる野菜

野菜の良くとれる夏や秋では、栄養価を考えていろいろな野菜を栽培し収穫することができますが、それ以外の季節では買ってきて与えないと栄養バランスが偏ってしまいます。

 

そのため、一定の間隔でニンジン、トマト、ピーマン、カボチャなどの野菜を買ってきて与えています。

 

あくまでも買ってきた野菜は補助として使って維持できるようにしていきたいものです。

 

 

このほかにも様々な野草を取ってきて与えていますが、季節によって手に入るものが変わるため、細かいメニューは変わります。

 

他によく食べてくれる野草としては、オオバコやウラジロチチコグサなどもありますが、あまり群生していないため1日で採りつくしてしまっています。

 

このような採取と栽培と購入を上手く組み合わせてできるだけ自給自足に近い飼育環境を我が家では整えています。

 

この記事が役に立ったと感じたらぜひシェアしてください!

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。