飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ

インドホシガメ含むリクガメは非常に活発に行動し、広い床面積を与えてやると一日中動き回っている姿も確認できます。

 

そんなリクガメ飼育のために必要なケージサイズについてまとめました。

 

リクガメの運動量

カメはのんびりしたイメージを持っている方も多いかと思いますが、実際に飼ってみるとそんなことは全然ないと驚くことになるかもしれません。

 

リクガメは非常に活発に行動し、野生下では一日に十数kmも移動するような行動力を持っていますし、餌に近寄ってくるときなどはなかなか素早く動いて大きな個体だと迫力のある突進をしてきます。

 

突進後も餌にかじりついて一心不乱に食べる姿はとてもかわいいものです。

 

また、夏などの気温の高い時期には一日中ぐるぐると歩き回って床材に道ができるようなこともあり、飼育下でも非常に高い行動力を見せてくれます。

 

このように実際に飼育してみないとわからない運動能力を持っているため、飼育ケージなどの床面積はできるだけ広いものを用意できると飼育していて楽しい姿を見ることができます。

 

我が家では甲長20cmの♀個体と12cmの♂個体のペアに1.5㎡程度の床面積を与えて飼育しておりますが、それでも狭さを感じさせるくらい活発に動き回り、15cmの壁を♀がよじ登って脱走したこともありました。

 

インドホシガメに一部屋割いて、飼育設備を床に直置きしているため、問題なく捕獲できますが、その運動能力の高さを実感させてくれる事件でした。

 

なお、その上階には甲長12cmの個体を筆頭に、4頭のインドホシガメが生活しています。

 

 

インドホシガメ飼育の理想の飼育環境サイズ

このように非常に活発に行動するリクガメたちを飼育するうえで、一番理想となるのはもはや放し飼いだと思います。

 

ヒョウモンリクガメやケヅメリクガメなどの大型種についてはおむつを履かせて室内放し飼いにしている人もいるくらいで、危険なものがなければ室内放し飼いも選択肢として考えられると思います。

 

なお、夏季であれば屋外放し飼いも選択肢になりますし、日本の気候に適応できる種であれば年中屋外放し飼いにしている人もいます。

 

ですが、インドホシガメの飼育においては、日本の冬は過酷すぎるので、秋~春までは飼育設備を組んでその中で飼育するのが現実的な選択肢かと考えます。

 

我が家では飼育頭数が多いため温室を作って外気から家の壁と合わせて二重の断熱境界を作って保温しています。

 

▼我が家の飼育環境

 

一般的な飼育環境で考えても大きく変わらず、ケージ飼育を考える場合はケージが二つ目の壁になることになりますが、ここの断熱性能が重要になってきます。

 

この場合一番手に入りやすく、断熱構造がしっかりしている(作れる)ケージとしては120cmの木製ケージもしくは水槽がよいと考えます。

 

木製ケージの場合は木材自体が断熱効果をある程度持っていますし、水槽の場合は正確な長方形の形から断熱材の設置がしやすいといったメリットがあります。

 

なお、爬虫類向けケージはある程度通気性を持ったものが多いため、インドホシガメ飼育にはあまり向きません。

 

インドホシガメ飼育では通気性よりも保温、保湿性能が重要なので、通気性はない方がよいです。

 

 

木製ケージと水槽では以下のメリットやデメリットがあるので比較検討されるとよいと思います。

 

 

一般的に売られている木製ケージではもっと安価で耐湿性の低い材を使っていることがほとんどなので、選択していません。

 

そのため、我が家の飼育設備で木材を使う箇所についてはすべて檜材を使用して自作しています。

 

一例として我が家の飼育環境は下記でご紹介しています。

 

一般的なインドホシガメ飼育方法は以下で紹介しています。

 

製材から組み立てまで可能な工具を集めて、設備を作ることも楽しみながら飼育をしています。

 

また、針葉樹材には防カビや防ダニの効果もあることも選択の理由で、虫などの発生も抑えられています。

 

小型のリクガメ飼育について

 

入門種とされているヘルマンリクガメやギリシャリクガメを飼育する場合は120cm×45cmの床面積を持つケージが良いと思います。

 

普通に手に入る飼育ケージであれば、このくらいのサイズが限界になってきます。

 

ただ、飼育する個体が小型種であれば、必要十分な床面積ですので、このサイズを選べると運動面では非常に良好な環境が作れる素地はありますので、スペースの問題などがクリアできるのであれば、このサイズを選ぶのが良いです。

 

また、この床面積であれば、終生飼育も安心して可能ですので、長く付き合うことになるカメの飼育には最適の選択です。

 

これに合わせて、調子が悪くなった場合に備えて小型の水槽も用意しておくとさらに良いです。

 

水槽は湿気を閉じ込めることができますし、小型の水槽であれば高温環境も維持できるため、病気の個体が出た場合にすぐに治療室を作ることができるようになります。

 

 

ここまで事前に準備ができていれば、軽い鼻水になったとしても、十分に治療ができる飼育環境を用意できます。

 

人気記事
  1. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  2. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  3. 希少なペットの値段を決める経済学的効果
    希少なペットの値段を決める経済学的効果
  4. カメ掲示板の運用開始!
    カメ掲示板の運用開始!
  5. カメ掲示板
  6. 入門種リクガメ紹介と飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
    入門種リクガメ紹介と飼育方法まとめ【ヘルマンリクガメ、ロシアリクガメ、ギリシャリクガメ】
  7. 【3つの実用例】爬虫類、両生類、アクアリウムに役立つ園芸用品
    【3つの実用例】爬虫類、両生類、アクアリウムに役立つ園芸用品
  8. 飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境
    飼育のために引っ越しした人のインドホシガメ飼育環境
  9. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  10. リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと
    リクガメ飼育者が種の存続のために考えるべきこと

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 2018年11月12日

    […]   4.1 理想環境 […]

  2. 2019年1月11日

    […] リグガメ飼育の理想のケージ […]

  3. 2019年1月31日

    […] 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ […]

  4. 2019年2月4日

    […] 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です