我が家でのチズガメ飼育方法

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

我が家で気合いを入れて飼育しているチズガメのうち、キマダラチズガメは、インドホシガメ同様に一目惚れで飼育し始めた種です!

 

繁殖まで視野に入れての飼育を考えており、最近将来の親候補が揃いました!

 

今では1歳の♂と生まれたばかりのベビーが3匹です。

繁殖は4年後以降のお話になりますが、今は成長を見守る事を楽しんでいます。

 

飼育環境はアダルト組とベビー組に分けて、別々の方法をとっています。

ベビー集合写真

 

アダルト個体飼育方法

基本的な飼育設備はいたって簡単で自作ろ過装置とバスキングスポット(日光浴用の陸地)だけで飼育できます。

 

屋外飼育であれば太陽光で甲羅干しできるためこれだけで十分ですが、我が家は屋内飼育なので60Wのバスキングライトを設置しています。

 

水槽のサイズは90cm規格水槽で我が家では20cmほど水をはっている状態にしています。

 

この水槽にカメさんの挟まるスペースが無いようにセットした休憩用の石と水流ポンプをセットしています!

 

カメ友さんからのアドバイスでレイアウトは非常に簡素にしました。

 

というのも、レイアウトに挟まって溺れてしまうことがあるようで・・・

 

 

我が家では水生カメは簡素なレイアウトで飼育し、優雅に泳ぐ姿を楽しむことで落ち着きました!

 

このような環境にクロコブチズガメペアとキマダラチズガメ♂の計3頭が同居しています!

 

ベビー飼育環境

ベビーでも基本的な飼育環境は変わりませんが、ろ過装置は設置せずに毎日の水替えで対応しています!

 

水槽サイズは60cm規格水槽で、この中に3匹のキマダラベビーが生活しています。

 

ベビーですので水位は控えめの10cm程度で泳がせています。

 

まだ人に慣れきっていないベビーの時期はバスキングスポットの下が隠れ家となていて、3頭集まっている姿が確認できます。

 

ベビーの時期は体のサイズに対してよく食べ、よく出すので、すぐに飼育水が臭くなります。

 

健康な証拠で良いのですが大量の廃棄物や油膜が発生してなかなか水量に対して協力なろ過ができないと水替えを減らすことは難しいと思います。

 

特に夏は臭いがすぐに発生するため、水替えが一番簡単で効果を実感できる方法だと思います。

 

水づくり

ベビー水槽では水替えで水質を維持しているため、飼育水を時間をかけてよいものにするといったことはしていません。

 

ですが、アダルト水槽では水量が多く水替えが大変であったり、水質の急な悪化が起きないように水づくりを意識したろ過装置を稼働させており、飼育水が臭ったり、汚れでカメさんが見えないことの無いように維持しています。

 

ですが、難しい事をしているわけではありません!

 

ただ、ろ過槽全体にゼオライトを敷き詰めているだけです!

写真下側に水をポンプで吸い上げて、下の層を通り写真上側側に流れることでゼオライト層の通過したあとに沈殿槽を通り左側のホースから溢れてカメ水槽に戻ります。

 

水量に対して協力なゼオライト層を作ってやれば、アンモニアなどの有害物質が吸着され(化学ろ過)ゼオライトに住み着いているバクテリアが比較的無害な硝酸塩に還元してくれます。(生物ろ過)

 

 

初めは物理的に固形物を取り除く物理ろ過の過程をこの前段に用意していましたが、月1回のろ過槽の掃除で水質が維持できているため取りました(笑)

この構成で週1回の半水替を行っているだけで硝酸塩50ppmを維持できています。

 

アクアリウム的にはマズイ数値でもカメ水槽であればまあそこそこかなと思います。

 

現在はここから更に左側の沈殿槽に水草を植えることで硝酸塩の同化除去を考えています!(別水槽で水草育成中)

 

チズガメの飼育難易度

ここまで、我が家でのチズガメの飼育環境を紹介してきました。

 

僕はチズガメ飼育は難しくなく、簡単な水生カメの飼育環境を整えてやることで十分に飼育できるカメであると実感しています。

 

インドホシガメとは大違いでここまで病気もなく飼育できていますので、飼育環境のメンテナンスへの時間や必要な出費は少なく飼育できます!

 

(インドホシガメが特に手がかるだけだとおもいますが・・・)

 

それでいてこの姿と優雅な泳ぎを観賞できるのはチズガメの魅力を知っている者の特権だと思います!

 

同じく綺麗で優雅な泳ぎを見せてくれるダイヤモンドバックテラピンと同じくらいの地位をチズガメが獲得できるように願い、繁殖への努力を重ねていきたいです!

 

2019年7月

有精卵を確保しました!

この記事が役に立ったと感じたらぜひシェアしてください!

人気記事

  1. なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
    なつくカメとなれるカメ 亀の魅力まとめ
  2. インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
    インドホシガメの飼育ノウハウ まとめ
  3. カメ、リクガメの卵詰りの恐怖と抱卵、産卵予兆の見分け方
    カメ、リクガメの卵詰りの恐怖と抱卵、産卵予兆の見分け方
  4. 3年の飼育経験から考えるヘルマンリクガメなどの入門種リクガメ飼育方法   初心者に必要なもの、知識から
    3年の飼育経験から考えるヘルマンリクガメなどの入門種リクガメ飼育方法 初心者に必要なもの、知識から
  5. リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
    リクガメ飼育のお財布事情【餌代、電気代、医療費】
  6. 飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
    飼育経験から考えるリクガメに適正な飼育ケージ
  7. インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
    インドホシガメ ワシントン条約 付議書1 昇格提案について思うこと
  8. ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
    ヘルマンリクガメ分布地から考える飼育環境【温度、冬眠】
  9. タダで簡単!ミジンコの繁殖とグリーンウォーターを使いこなす
    タダで簡単!ミジンコの繁殖とグリーンウォーターを使いこなす
  10. リクガメの健康飼育【8つの観察ポイント】
    リクガメの健康飼育【8つの観察ポイント】
  11. リクガメの鼻水症状とその対処法
    リクガメの鼻水症状とその対処法
  12. 夏レプで見たCITES1類提案個体と国内登録(マイクロチップ)の問題
    夏レプで見たCITES1類提案個体と国内登録(マイクロチップ)の問題
  13. 亜種が多様なギリシャリクガメの分布地環境と魅力
    亜種が多様なギリシャリクガメの分布地環境と魅力
  14. 2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
    2月のインドホシガメ飼育 死亡個体発生と死因の推定
  15. 飼育したい爬虫類!飼えるリクガメの種類10選
    飼育したい爬虫類!飼えるリクガメの種類10選
  16. リクガメの医学【便秘・結石】
    リクガメの医学【便秘・結石】
  17. CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
    CITES登録に向けたインドホシガメ健康診断【リクガメの健康診断内容・費用】
  18. リクガメの主食についての考え方と配合飼料の使いどころ
    リクガメの主食についての考え方と配合飼料の使いどころ
  19. 見た目でわからないリクガメの不調を見抜くポイント
    見た目でわからないリクガメの不調を見抜くポイント
  20. 爬虫類飼育初心者がインドホシガメをお迎えしちゃった話
    爬虫類飼育初心者がインドホシガメをお迎えしちゃった話
  21. ロシアリクガメ飼育を分布地気温・湿度から考える
    ロシアリクガメ飼育を分布地気温・湿度から考える
  22. リクガメケージ選択の一長一短
    リクガメケージ選択の一長一短
  23. リクガメ飼育温度・湿度管理の重要ポイント
    リクガメ飼育温度・湿度管理の重要ポイント
  24. デュビアのメリットデメリットと我が家での繁殖方法
    デュビアのメリットデメリットと我が家での繁殖方法
  25. 簡単飼育!ヘビ飼育の入門種コーンスネークの飼い方
    簡単飼育!ヘビ飼育の入門種コーンスネークの飼い方
  26. リクガメは健康ならばほぼ無臭【匂う臭い場合の対策も】
    リクガメは健康ならばほぼ無臭【匂う臭い場合の対策も】
  27. 我が家でのチズガメ飼育方法
    我が家でのチズガメ飼育方法
  28. 爬虫類ペットの値段を決める経済学的効果【リクガメの販売値段高騰を受けて】
    爬虫類ペットの値段を決める経済学的効果【リクガメの販売値段高騰を受けて】
  29. インドホシガメ産卵日記【2019年3月】
    インドホシガメ産卵日記【2019年3月】
  30. カメ掲示板

kamesaki

インドホシガメ飼ってます🐢 カメラもやってます📷 プログラムやDIYとかいろいろやります 超趣味人な生活を楽しむ人生を目指して日々精進!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。